« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

笠間 栗行脚 その2

グリュイエールの後は、笠間稲荷へちょっと寄り道。
普通なら、ここへ行くのがメインなんでしょうけど、今回の旅ではおまけですね。
P1040311
笠間稲荷の周辺ではさすがに稲荷寿司やおまんじゅうが多く売っていました。
ただ、それらを食べてしまうと栗の余裕がなくなるので、スルーです。

お参りした後は、栗釜飯を食べに向かったのですが、なんと予約のため通常営業していませんでした・・・。
おなかが減っているのに。。。

仕方ないので、行き先変更し「栗の家」を目指すことに。
おなかは空いていても、数件マップに載っていたお店の前をわざわざ通っていったんですけどね。
日曜にもかかわらずお休みの店も多く、行く方は注意が必要です。

それから今回の旅の中で度々あったのですが、ナビに電話番号を入れてルート検索しても出てこないところが割とあったんですよ。
略地図しか持っていなかったので、なかなかたどり着けない、もしくは発見できなかったところもありました。

栗の家もそんな一軒。
あまりにもたどり着けないので、先に事前予約をしておいた「小田喜商店」へとルート変更したのです。
そこで買ったものはこれら。
P1040312
P1040326
栗やの栗菓子

P1040327
P1040328
梅干ではありません。
中は下のような感じです。

これ、かなり美味しいですよ。
栗好きのためのお菓子です。
とにかく美味しい。


和栗やの栗薫は、実はこのお店の商品であったというのもわかり、収穫も大きかったです。
店主さんが親切でとても感じが良かったです。
こんなに美味しいものを作る人が悪い人なわけはありませんね。
他にもオススメな店など、いろいろ教えていただきました。

つづく



| | コメント (0) | トラックバック (0)

笠間 栗行脚 その1

前に一度紹介した、谷中銀座の「和栗や」の栗があまりにも美味しいので、その産地笠間へ足を運んでみました。

笠間てくてく栗図鑑
http://www.city.kasama.lg.jp/cms/data/doc/1317102333_doc_68_0.pdf
http://www.city.kasama.lg.jp/cms/data/doc/1317102333_doc_68_1.pdf

この栗図鑑が和栗やにも置いてあり、行きたくなってしまったのです。

全部食べるのは不可能なので、どうしても食べたいものだけ食べたり買ったりしてきました。
店構えの見学も含めて、半分以上は回ってきましたけどね。
早速、今日のうちに第一弾のレポートをあげます。

雨がちらつく都内から常磐線で2時間弱。
合併で大きくなった笠間市の友部駅へと到着です。
そこでレンタカーを借りて、いざ笠間へ!
※笠間は東京からだと少し行きにくいことと、レンタカー屋さんが駅から近いことで、友部がスタート地点になったのでした。

最初は笠間駅前の「グリュイエール」から。
P1040309
正直、茨城県の駅前には似つかわしくない店構えでした。

店内には、焼き菓子やケーキが何種類も並んでいて、迷ってしまいます。
要予約とあった商品も、普通に並んでいました。

後々もそうなんですが、図鑑に要予約となっていても大丈夫なものが多々あるので、事前予約していなくても電話で問い合わせしてみるといいと思います。

迷っている時に、焼きたての美味しそうなにおいがしてきたので、迷わずこれを買いました。
P1040310
ろまんパイ

サクサクのパイの中にはマロンペーストというよりは栗餡に近いものが入っていて、焼き栗が真ん中に鎮座。
焼き立てということもあったのでしょうけれど、これは絶品というレベルにあると思います。
後で食べるために三つ栗セットも購入。
これは後日いただきます。

最初からの当たりに、雨ニモマケズ、テンションがあがりまくった私でした。

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

麺や ひだまり

今やかなり熱い食べ歩きのスポットとなっている谷中銀座からちょっといったところ。
千駄木にあるラーメン屋さんです。

ひだまり

昨年8月にオープンしたお店ということもあり、きれいなお店でした。
最近何かと話題の食べログでなかなかの点数がついていました。

120121_113812
塩らぁ麺

120121_113840
塩つけ麺

どちらも、あっさりとした上品なスープでした。
なかなかのレベルだとは思うのですが、絶品というほどではないかな。
つけ麺のつけ汁はゆず胡椒が効き過ぎている印象があります。
もっとほのかでいいと思うのですが。
メンマはすごく美味しいけれど、チャーシューはどうもいまいち。

塩ラーメンとしてはもっと美味しいところがあるので、再訪はないかな。
個人的評価・・・★3.0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダース・プレミアム

今年も出ました「ダース・プレミアム」
120112_074118

普段のダースは、値段が手ごろなチョコという程度の存在ですが、このプレミアムは一味違います。
ビターは、通常のものよりもずっとカカオ感が強く、少々高級感があります。
去年はミルクとビターだけだったと思うのですが、今年はホワイトもありました。

ホワイトは、そこまで変わりないような気もしますが、ミルク感が少し濃厚かな。
少しだけリッチな感じですかね。

お値段は138円。
まぁ、時期を過ぎたらおかしのまちおかで安く売られるんでしょうが、基本この時期だけなので食べ比べてみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雷々麺  あたりや食堂

120114_122010


宮崎で人気のお店が、東京に進出してきて半年 だそうです。

これが雷々麺。

秋葉原から神田方面へ徒歩3,4分。
平日は人が多そうなエリアですね。

土曜ということもあってか、入りはぼちぼち。
ご姉弟で店を営んでいるということですが、美人かつ丁寧でとても感じの良いお姉さんに、リピーターがでることは間違いないでしょう。
気さくで、うるさすぎない程度に気を使っていただき、声をかけてくれます。

肝心の雷々麺ですが、他にはない味です。
ちゃんぽんの麺でしょうか、とろみのついたあんが程よく絡んで、優しい味です。

個人的評価・・・★3.5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダイエット ドクターペッパー

120102_193101
結構前からあったらしいですが、私は初めて飲みました。

ドクターペッパーは好き嫌いが分かれるところですが、私は大好きなんです。
ですが、ここに何年かはカロリーの問題でずーっと敬遠していたんです。
なので、これは嬉しいものを見つけることができました。

味としては、少し薄い感じがしますが、ドクタペッパーのあの独特の感じは消えていないのでOKです!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

いかチョコ ホワイト

ヴィレッジヴァンガードにて、不思議なものを発見しました。
ま、ヴィレッジにある時点で、大半のものは不思議なんですけどね。

120102_193113

さきいかとチョコ・・・
果たして・・・

120102_193144

こんな感じ。


口に入れると、最初チョコで後はさきいか。
最後まで、普通のさきいかより、ちょっと甘いかなーというものです。

塩分+チョコ、ポテチは当然、柿の種やせんべいまではありでしょうけれど、これは無しですよ・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

WaZa 銀座店

炭火焼と野菜料理 WaZa にランチを食べに行ってみました。

お正月も2日から営業しているお店が多いですね。
本当は農家の台所に行きたかったのですが、予約していなかったため1時間待ちだということで、他をあたりました。
銀座では、野菜をたくさん食べられるメニューを出すお店が多いですが、ここはまだ行ったことがなかったので。

P1040253
タイプとしては、メインのお料理を頼んで、副菜としての野菜料理をブッフェスタイルで取るというもの。
かなえと一緒ですね。
あちらは和食でしたが、こちらは洋食という住み分けでしょうか。

P1040251

サラダ、スープ、お惣菜、パンが並んでいます。

P1040254
メインのお料理は焼きビーフシチューを頼みました。

P1040255
デザートの盛り合わせがすごい。
一口サイズですが、5種盛りは見た目にも嬉しい一皿ですね。


単純に野菜を味わいたければ農家の台所へ、洋食・和食のメイン料理をベースに野菜をたっぷり食べるなら、ここかかなえへというように、その時の気分で訪れるお店を変えて楽しみたいですね。

ちなみに、このビーフシチューは2300円。
銀座で、デザート等のことも考えると少しリーズナブルでしょうかね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ひなの焼き

東京のひよこで有名な、餡舎ひよ子が手がける大判焼きが「ひなの焼き」です。
P1040237
P1040238

餡は黒と白があるのですが、個人的には白の方が美味しいと思います。
というか、黒は普通ですが白が美味しい。
皮はふんわりとしていて、甘味があり大判焼きとしては、かなり美味しいレベルだと思います。
現在は上野駅のエキュート限定です。
お土産にいかがですか??

あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »