« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

ジャガイモのアヒージョ

まぁ特段難しい料理でも、珍しい料理でもございませんが、載せてみます。

アヒージョは、簡単に言えばオイル煮です。
オリーブオイルを熱して、その中にニンニクと唐辛子を入れます。
具材を入れて煮込み(素揚げとも言う気がしますが・・・。)ます。
塩、胡椒で味を調えて完成。
火からおろし、そのまま提供できる器で出すのがいいですね。

シェリー酒があれば、入れたら味に深みが出るでしょうね。

画像はこんな感じ。

P1060441
火からおろしても、油がジュワジュワ。

P1060443
楊枝的なものを刺して提供するとバールさながらですね。
もっとオシャレな楊枝的なものを使うと良いでしょう。

P1060444
食べ終わった後のオイルは、パンをつけて食すと美味・・・なはず。

なお、塩味は若干強めがいいと思います。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

バターココナツ と ココナッツサブレ

P1060431

実は気になっていて、検証したいなと思っていたお菓子たちがあります。

これら。

バリエーションが多いものを全部そろえて並べるっていうのは、なんともいえない楽しみなのです。
変ですか?
そうですか。

だって、気になるものは調べなきゃ気がすまないんです。
今じゃあ普通かもしれないけれど、カフェラテが広く知られだしたころ、カフェオレとの違いについても調べたし、リンスとトリートメントの明確な違いとか、そういうの気になるんですー。

ってなわけで、これらも揃えて比べてみたのでした。
ただ、既に調べている方も多いようなので、背景的なものはこちらにお任せします。
とても分かりやすいですので、こちらをどうぞ

で、ですね。
袋から出して並べてみたのが、こちら。
P1060432
時計回りに、サンドチョコレート、バターココナツ、ココナッツサブレ、チョコレートです。

P1060433
サンドチョコ

P1060434
左がココナッツサブレ 右がバターココナツ


ココナッツサブレは、安っぽい感じがします。
バターココナツは、食感・風味ともにバターを使ってあるだけありますね。
ただし、サンドチョコレートに使われているのはココナッツサブレに近いです。

個人的な好みは、バターココナツチョコレート。
これ、とまらなくなりそう。
甘すぎず、サクっとした食感も優秀です。




| | コメント (5) | トラックバック (0)

デニッシュパンダ

Img_20130927_081926706

パンチェーンのアンデルセングループが展開する、デニッシュバー
ご存知ですか??
「カフェ デンマルク」ではデニッシュリングを売っていたりと、結構手広く展開しているんですが、上野エキュートにはこんなものが・・・。

上野はなんでもパンダになっていますが、店構えもパンダはここが一番ですね。

で、売っているのはデニッシュパンダとデニッシュの中にクリームなどが入ったパンダクリーム。
P1060436
左がパンダクリームです。
P1060437
中身。
餡子とホイップです。

デニッシュパンダは、型が高かったのか、味は当然デニッシュバーと同じ。
それなのに、180円とコストパフォーマンスは悪いです。

一方、パンダクリームは、デニッシュに餡子がこんなに合うなんて。
これはなかなかいけますよ!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

CAFE LIFE 麻布十番   マカダミアナッツクリームパンケーキ

麻布十番にあるカフェ「CAFE LIFE」のパンケーキです。

ここはなんでも神戸で人気のパンケーキを出す「ANGIE」と姉妹店で、同じレシピなんだそうで。
Img_20130924_114259303
大きさは10cmくらいですかね。

Img_20130924_114342746

薄目の生地です。
ハワイアンスタイル特有のモッチリ感はそんなになく、軽いのでペロッといただいちゃいました。

ソースは、甘め。
誰かがマカダミアナッツのソースは、ハーゲンダッツのマカダミア味を溶かせば再現できると言っていましたが、そんな感じ。
結果、ソースは半分ほど残っていました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

わかば

ついに、東京三大たい焼き制覇の日がやってきました。

先日、ついに四谷の「わかば」行くことができました。
ビルが立ち並ぶ大通りを入ると、住宅街。
そこにひっそりあるのがわかば。
Img_20130924_12223461
おじさんたちも食後のデザートにたい焼き?
Img_20130924_122343622
当然天然ものです。

養殖と天然の違いは皆様ならわかりますよね?w

Img_20130924_122625259
すっごく綺麗。
薄皮なのに、むらなく焼けてる。

Img_20130924_122645368

甘すぎず、かといって物足りないわけじゃない。
この絶妙な甘さの餡が最高。
あずきの味もしっかり感じます。

三大たい焼きは、浪花家とわかば、甲乙つけがたいわ・・・






| | コメント (2) | トラックバック (0)

タレカツバーガー

昨日一昨日と、新潟に行ってました。
ただ、旅行ではなくお勉強のため。
なので、今回は美味しいものが少なめです。

とりあえず、新潟のB級グルメに「タレカツ丼」というものがあります。
もともとまかない飯だったものが広まったんだとか。
カツを甘しょっぱいタレに浸してご飯に乗せるというもの。
カツが薄いのも特徴だとか。

それで、そのB級グルメを、モスがご当地バーガーにしちゃいました。
Img_20130923_203159366

実際のものは、あまり綺麗に取れなかったので、載せてません。。。


薄いカツになじむタレがおいしかったです。
ご飯にもパンにも合うのは、すでにソースカツが証明してくれていますもんね。


※これ、新潟限定になってますが、実は2年前に北海道・東北・関東・新潟・九州・沖縄限定で発売されていたらしいです。
今日知りました・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

月寒あんぱん プレミアム 町村牧場チーズ

月寒あんぱんはご存知でしょうか??

北海道みやげとしては定番で、物産展やアンテナショップで多く見られるものです。
あんぱんというよりは、まんじゅうに近い商品です。
一度くらいは食べたことがある方が多いのではないでしょうか。

製造会社のHPはこちら

そんな月寒あんぱんが、北海道展に来ていたのですが、珍しいものがありました。
Img_20130922_064801574

普通のものよりも大きく、高い。

白あんベースのチーズ餡でした。
チーズ感はあんまりなかったですが、滑らかさと風味はとっても良かったですよ。
通常のものはよく食べる機会がありますが、初めて見たしなかなか買えないという点でプレミアム感満載でした。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

豊洲 BUTTER  スフレパンケーキ

パンケーキのハシゴ、昼はこちらです。

以前行った時に食べられなかったスフレパンケーキを食べることが目的。

到着したのは13時くらい。
平日だけあって、待ち時間なしで入れました。
店内は、女性客かカップルばかり。
男性一人なんて滅多にいないでしょうよ、そりゃぁ。
若干奇異の目で見られつつも、平然とスフレパンケーキを注文してやりました。

30分ほどかかります。と言われて、本当に30分かかったのがこれ。

Img_20130919_132627317
バター、シロップ、生クリーム、ソフトクリーム付きで1280円。
コーヒーと合わせて1660円ですから、そこそこのランチということになりますね。

この日は、パンケーキを食べて3000円以上使っています。

さてさて、肝心のお味は・・・
Img_20130919_132809507

フワフワしているのに、中心はモッチリと、少し不思議な食感。
鉄板に接している部分はカリカリしてていい感じ。

ただ・・・シロップは吸収しすぎてしまいます。
バニラソフトをつけて食べるのが個人的にはベストでした。

フワフワ具合で言うなら、星乃珈琲店のスフレパンケーキに軍配が上がりますね。

結論的には、ここのお店はブリュレパンケーキをオススメしたいです。


となりはお一人様の女性でしたが、ペロリと平らげていました。
私は、またもや1/4お残し。。。

パンケーキハシゴは食傷気味になるかも、、、

| | コメント (5) | トラックバック (0)

ホノルルコーヒー  マカダミアナッツクリームパンケーキ

Img_20130919_092935551
見た目からして重たそうなパンケーキですね。

ホノルルコーヒーダイバーシティ店にて、朝からパンケーキを食してやりました。

先日、平日休みに国際展示場へ出かける用事がありました。

このチャンスを逃す手はない!

私がそう考えたものとは・・・
パンケーキのハシゴです!!

ホノルルコーヒーは、休日であれば45分待ちということもあるというこのパンケーキ。
平日朝9時台。
私の他にはお客様は一組でした。

「焼き上がりに10分程いただきます。」
と言われ、コーヒーを飲みながらの読書タイム。
うむ、優雅なり。

そして、このマカデミアナッツフレーバーコーヒー 、なかなか美味しいじゃないですか。

待つこと10分・・・かどうかは定かではないですが、あっという間に出てきた気がします。


で、提供されたのは写真のパンケーキ。
マカダミアナッツクリームパンケーキ 1000円。
コーヒーM 350円
1350円の朝食。
・・・高くないか?


さて、肝心のお味は・・・

薄いけどモッチリとしたパンケーキが3枚重ね。
そこに見た目よりも甘さ控え目なクリームがいい感じで絡んでいます。
あら、美味しい。
ローストされたナッツの香ばしさもいいアクセント。

ただ・・・食べ切れんよ。
女性ならば半分でいいんじゃないの?
私も1/4をお残し。
もったいないけど、高カロリーは目に見えているし、無理はしないです。

ハシゴの後編は次回!

| | コメント (3) | トラックバック (1)

ハッピーターン メープル味

Img_20130915_162201963

あれ、なんだかメープル味は見覚えが・・・。
そう、あれはハッピーターンズで見つけたヤツ!!

好評だから、全国発売で売り出したのでしょうか。

でも、大量生産版は少しメープルが控え目な気がします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年9月のコース

台風だったので、ランチからブランチコースへと変更しましたが、今日もお客様来店来訪です。

まずはアミューズ・ブーシュ
P1060390
枝豆のガレット

ハート型なのが分かりにくいですね。

オードブル
P1060395
冷たい前菜の盛り合わせです。
左上から時計回りに、「焼きなすの梅肉和え」「キュウリとタコのマリネ」「パプリカのパンナコッタ」「スイートポテトサラダ

キュウリとタコのマリネはバルサミコ酢を使用。
パプリカのパンナコッタは、湯むきが大変でした・・・。
スイートポテトサラダは、ちょっと月見を意識です。

十五夜、十三夜、お月見は時期で呼び名が違います。
中秋の名月という呼び名もありますが、芋名月、豆名月(栗名月)という呼び名もあるんですよね。
そんなわけで、芋と豆を月に見立てたサラダにしてみました。
今月は芋名月ですけどね。
そして、本当は里芋ですけどね。

さて、次はスープ
P1060397
酸辣湯風タケノコとキノコのスープ

まぁ、具材が違うだけです。
ダシはしっかりと取りましたよ。



ポワソン
P1060398
カレイのムニエル モルネーソース

先月に引き続いて登場のモルネーソース。
パルミジャーノ・レジャーノをテーブルで削りかけるパフォーマンスもしてみました。

メインのヴィアンドゥ
P1060399
鴨のロースト オレンジソース カポナータ添え

カポナータとラタトゥイユを混同している人が多いようなので、簡単に。

カポナータは揚げナスの甘酢煮込みです。イタリア料理です。
ナスを揚げることと、白ワインビネガーと砂糖を使うのがポイントかしら。

ラタトゥイユは野菜煮込み料理のこと。フランス料理です。
こちらは、割となんでもありな気がします。
香草とワインで煮込むところがポイントでしょうか。


デザート
P1060401
フォンダン・ショコラ 梨のキャラメルコンポート添え

フォンダン・ショコラのレシピはこちら
(今回は、バターを使用しました。)

梨のキャラメルコンポートは、
①カラメルを作りそこに梨を入れる。
②梨にカラメルが絡んだら、取り出す。
③残っているカラメルに白ワインを加えて、少し煮詰める。
④取り出した梨を③で漬け込む。
⑤提供時はシナモンをかけて提供。

そんな感じです。

いつもパンの画像を載せていないので、たまには
P1060392
おからと小麦ふすまの蒸しパンヨーグルトパンです。

パンが上手にならないので、いつもヨーグルトパンなのですが、最近蒸しパンを入れて盛り合わせてます。

基本和洋折衷ですが、今日のスープは中華風でした。

お客様、お待ちしております♪

| | コメント (3) | トラックバック (0)

イル・テアトロ  椿山荘

椿山荘ホテルに入っているイタリアンレストラン「イル・テアトロ」にお邪魔してきました。
ディナーだったので、庭園は見れず残念でした。

評判はそこまで良くなかったのですが、この豪華な雰囲気は高級ホテルならではでしょう。
同じ値段のイタリアンレストランでもこうはいかないんじゃないですかね。

さて、早速お料理です。
P1060372
アミューズから提供されました。
左がフリッタータで、右がパプリカのパンナコッタ。

P1060374
前菜は「ヴィッテロトンナート ピエモンテ風」
日本語にするなら、子牛肉のツナソースがけ といった感じかしら。

P1060377_2
パンも自家製だそうです。
P1060376
パンにつけるペーストも美味しかった。
トマトとアンチョビ、マスカルポーネに黒トリュフ。

P1060378
「卵黄のポーチをのせたサマートリュフのリゾット」
トリュフはテーブルで削ってくれます。
これが絶品中の絶品でした。

P1060381
お魚の主菜「ハーブでマリネしたメカジキのグリエ シチリア風
セミドライトマトとタジャスカオリーブのソース」

グリエはワイルドな感じでしたが、乳化したソースが絶品でしたね。

P1060382
そしてメインデッシュ「白金豚のロースト
季節野菜のソテー ドライピーチのソース」

最近は本当によく見られるようになったプラチナポークですね。
6,7年前初めて食べたときは、なんて美味しい豚肉だろうと思ったものです。
そのときもイタリアンだったなぁ。

さて、このソース、ももの甘味が効いていて、お肉によく合うソースでした。

P1060384
デザートの前には口直しのグレープフルーツのグラニテ?

P1060385
デザート「メロンスペシャリテ」

全部メロンです。
シャーベット、ゼリー、ムース、ドーナツ・・・。
すごいですね。

コーヒーの後には
P1060387
小さな焼き菓子が提供されました。


完成されたコースの提供。
サービスをしてくださるギャルソンに差はあるけれど、充実したお食事と時間をいただいてきました。

大満足。







| | コメント (3) | トラックバック (0)

チロルチョコ  芋けんぴ

Img_20130904_070642896


Img_20130904_070757527

もっと前にアップしたかったものなのですが・・・。
チロルチョコの新作、芋けんぴです。

チロルの新作は数多いですが、ここのところ傑作も珍品も見かけなかった気がします。
そんな中で、この芋けんぴは優秀だと感じました。
ザクザクした食感と、芋チョコレートは季節感も満載でいい感じです♪

| | コメント (5) | トラックバック (0)

梨  かおり

P1060367

特大の梨をいただきました。

卵と比べても、イマイチ伝わらないかしら・・・。

とにかく大きい。
「にっこり」という栃木の梨も大きいけど、これも大きい。
そして、にっこりよりも遥かにおいしいんです。

なんでも、1つ1500円くらいするらしいです。
高いものをいただきました。

ごちそうさまでした。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

新米  美穂郷の米

毎年いただく新米。
それが絶品なんです。

Img_20130909_191315293
Img_20130909_192349117

んー、わかりづらい。

わかりづらいけど、とにかく美味しいんですよ。
美穂郷の米といいまして、茨城県産です。
製造しているのはアグリ山崎さん。
いただいているし、普通に売っているのを見たことがないのですが、高いことは間違いない。
新米だから余計にね。

おかずも美味しくできたから、アップしちゃいます。
Img_20130909_191805459
かぼちゃの煮物は、薄味で。

P1060366
北あかりのそぼろ煮は、絶品そのもの。

味覚の秋も間近ですね。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

VINO VITA ランチ農園バイキング

今日は銀座に出かけたので、ランチは数寄屋橋のVINO VITAというお店にお邪魔しました。

銀座のランチは、野菜料理のブッフェスタイルのお店へ行くことが多いです。
野菜たくさん、嬉しいですね。
一押しは「農家の台所」なのですが、他にも「かなえ」や「WaZa」などもなかなかオススメです。
他にも野菜を売りにしているお店に行っていますが、とりあえずオススメできるのは、そんなところですかね。

今日のお店は、メインかパスタを頼んで、後は食べ放題というスタイル。
Img_20130908_120445980


Img_20130908_120550551
サラダ、前菜、グラタンやピザ、パン、スープ、デザートとバリエーションは豊富です。

Img_20130908_121005463
どの料理も美味しいものばかりでしたよ。

Img_20130908_121729758
メインに頼んだ真鯛のグリルも、満足いく一品。

デザートがイマイチだったのを除けば大満足です。
逆に言えば、デザートのレベルを上げれば完璧。

ドリンクがデフォルトで飲めるのもいいですね。
オススメできるお店です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

秋田の銘菓たち

秋田のお菓子たちを3つほど紹介します。

P1060358

私の中で秋田土産と言えば、この「金萬」が圧倒的な存在です。
昔から秋田と言えば、これ!という印象。
実際、全国的に同様のお菓子があって、東京でも「都まんじゅう」という名前で売っているものと変わらないんですけどね。
これ、好きなんです。
白あんが入ったカステラまんじゅうという感じですかね。

P1060360

P1060362
つづいては、生あんもろこし。
「もろこし(諸越)」は、秋田名物のいわば落雁。
しかし、京都や松江のものと比べると素朴で、上品さには欠けてしまうもの。
これは、生ということで、もろこしとはまったく別物でした。
上品な餡のお菓子です。
季節限定の栗を買ったのですが、試食させてもらった普通のものも美味しかったですよ。


P1060359


P1060365
最後は「めるへんかまくら」。
人気のお土産というフレーズにつられて買いましたが、普通でした。
フワフワの白いカステラをホワイトチョコでコーティングしてあります。
まずくはないけれど、人気になる要素は見つかりませんでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ババヘラアイス

秋田県の国道沿いなどで、カラフルなパラソルの下、おばあさん達が「ピンク(いちご味)」と「黄色(バナナ味)」のシャーベット仕立てのアイスを売っているんですが、それが秋田名物「ババヘラアイス」です。
名前の由来は、おばあさんを秋田の方言で「ババ」そのおばあさんが専用のヘラで、アイスをコーンに盛るところから「ババヘラ・アイス」となったそうです。

P1060261
こんな感じ。

P1060262
バラ盛りと呼ばれる盛り方。

あっさりしていて、甘すぎず食べやすいアイスです。
脂肪分も少なそう。
暑い日にはすぐ溶けてしまいそうなアイスです。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

男鹿半島 ハタハタ丼としょっつる焼きそば

昨日まで遠野~秋田の旅をしていました。
そこで出会った美味しいものたちをいくつか紹介したいと思います。

まずは、男鹿半島のグルメから。
ここは、海産物がとっても美味しい土地でした。
刺身を載せても芸がないので、男鹿半島からはこの2品です。

過去の記事を見ていただければわかるのですが、たいていB級グルメや地元グルメにスポットを当てている私なのです。

まずはハタハタ丼。
P1060287

「男鹿ハタハタ丼」は、男鹿の二大名物であるハタハタとしょっつるを最大限活用して開発した新しいグルメメニューだそうです。
更に、さまざまな調理方法があるハタハタと参加飲食店の持ち味を発揮するためにルールを極めて緩やかにし、次の三点だけを共通項目としています。
①主食材としてハタハタを使用する。
②ハタハタの調理方法は各店自由とするが、しょっつるを味付けに使用する。
③主に昼食メニューとして販売するため、丼ものとして提供する。


という趣旨の元、12店舗が参加しているハタハタ丼。

写真のものは、

ハタあげ丼

極秘ダレに漬けて揚げたフライの味は抜群!!しょっつる入り特製あんかけでウマさ倍増

というフレコミだった、入道崎の「灯台荘」というところの一品。
どうせ観光地の・・・と決めてかかることなかれ。
これ、かなり美味しかったです。
また食べたい。

サクサクのハタハタフライにしょっつるの餡がまた格別でした。


そして、もう一つはしょっつる焼きそば。
P1060290

こちらは、

1.タレはしゅっつるベース。味は塩味としょうゆ味

2.麺は粉末ワカメと昆布ダシ入りの特製麺

3.具材は肉の使用を禁止、各店オリジナルレシピの海鮮焼きそば

という縛り。
これも侮るなかれ。
町おこしのヘンテコ焼きそばとはレベルが違います。
激うま。

こちらは36店舗参加しているそうで、写真のものは「入道崎会館」のもの。
これで600円は安い。


男鹿半島、美味しいものだらけの土地でした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »