料理

ブロッコリーのフリッタータ

イタリア料理のオムレツですね。
簡単ですが、美味しくできました。

<材料>
ブロッコリー・・・一房
卵・・・4つ
牛乳・・・40ml
チーズ・・・40g
塩・コショウ・・・少々

Dscn1296

ブロッコリーをクタクタになるまで茹でて、つぶします。

Dscn1297

卵を割り入れて、牛乳、チーズ、塩・コショウを適量入れて混ぜます。

チーズは、なんでもいいですが、私はパルミジャーノ・レジャーノ使用。
ハード系のチーズを使いましょう。

プロセスチーズでもとろけるスライスでも、問題なく作れます。

Dscn1278

20cmくらいのフライパンにオリーブオイルを少し多めにしきましょう。
できた卵液を入れ、かきまぜたら中火にしてふたをします。
5分ほどしたら固まり具合を見て、弱火にします。
更に5分ほど焼いて、火を止めてふたをしたまま更に5分放置。

Dscn1282

温かくても冷たくても美味しいです。
そのまか、マヨネーズベースのソースでいただきましょう。

SDカードを紛失しまして・・・
未アップのいろいろなデータがなくなりました・・・
大ショックです・・・



| | コメント (2) | トラックバック (0)

安納芋のクレマ・カタラーナ

クレマ・カタラーナ。
スペインのスイーツで、クレームブリュレとよく似ています。
違いとしては、焼かない というところでしょうか。

<分量>5人分

卵黄・・・L4個分(Mなら6個)
生クリーム・・・200ml
牛乳・・・200ml
安納芋・・・200g(ペーストにしたもの)
グラニュー糖・・・30g
コーンスターチ・・・15g
バニラビーンズ・・・一鞘

<作り方>
Dscn0763
①生クリームを火にかけて、沸騰させないように温めます。
その中に開いたバニラビーンズを鞘ごと入れます。

Dscn0765

②卵黄にグラニュー糖、牛乳を入れてすり混ぜます。

Dscn0766

③更にそこにコーンスターチを入れて混ぜます。

③に①をザルで漉しながら入れ、混ぜ合わせておきます。

Dscn0767_3
④安納芋は焼くなり煮るなりして火を通し、裏ごししてペーストにします。
この時点での量が200gです。

ちなみに、芋はじっくり火を通したほうが甘味がますので、私は焼き芋にしてから使っています。

Dscn0768_2
⑤ ③に①を入れたものを更にザルで漉しながら、鍋に入れて弱火でトロミがつくまで火にかけます。木ベラなどで絶対に焦げないように。

⑥ ④と⑤を混ぜ合わせて器に盛り、冷蔵庫で冷やします。

Dscn0769



Img_20150124_140010
仕上げは、グラニュー糖(分量外)を表面にふりかけてバーナーであぶります。

完成!

砂糖は控え目ですが、安納芋が甘いので十分。
表面のカラメルがパリパリのうちにいただきます。

あまった卵白は、卵白だけのだし巻き玉子にしてみましたー。

Dscn0770












| | コメント (3) | トラックバック (0)

クリスマスディナー2014

さて、今年の手抜きっぷりを披露しましょう。
何がって、まずアップするのが今日になっているところですよね。。。

Img_20141224_185455

Img_20141224_190143


生ハムとスモークサーモンのサラダ、チーズ盛り合わせ、チリコンカン、筑前煮、ヤーコンのキンピラ、バゲット、ローストチキン、そしてケーキ。

Img_20141223_172713


過去、しばらくは ブッシュ・ド・ノエルを作ってきたけれど、今年は趣向を変えて「糖質オフ 2層のチーズケーキ」にしました。
(去年の時点で、やめてるんですけどね。詳しくはここをクリック
100g中の糖質は10.2gです!!
ケーキとしては驚異的だと思います。

Img_20141224_200804


ベイクドチーズの上にレアチーズ。

ベイクドチーズケーキは、粉不使用、生クリームも不使用。
アーモンドプードルとアーモンドミルクで代用しました。
生クリームは糖質自体は低めなのですが、アーモンドミルクの方が更に低いです。
それに、アーモンド風味を活かしたほうがいいかなと。

チーズは糖質低め。
クリームチーズとカッテージチーズのブレンドです。


レアチーズケーキには、チーズを3種。
クリームチーズ、マスカルポーネ、プリモフィオーレ。

ちなみに甘さはパルスイートです。
ラカントは糖質が高いので・・・。

最後上に振っているのは純ココアですよ。

味としても納得のデキでした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ねぎ焼き

つぶあん様から、頂き物です。

Dscn0725


Dscn0726


少し前に、栗づくしをお送りしたのですが、そのお礼として「ネギ尽くし」とシフォンケーキ。

つぶあんさんのシフォンケーキは、ふわふわでとっても美味しいのです。

そして、ネギ尽くしは「下仁田ねぎ」と群馬のねぎ「俺のぬくもり」。
そして、ネギみそせんべいですね。

ネギみそせんべいは、以前に食べたことのあるもので、これはなかなか美味しいですよ。

そして、ネギ。
シンプルに塩だけで焼きました。
Dscn0728


左が下仁田、右が俺の~

下仁田ねぎがうますぎる。
甘くて柔らかくて・・・。
最高でした。

つぶあん様、ごちそうさまでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ビーフシチュー

手のこんだビーフシチューを作りたくなって、ついつい作ってしまいました。
某漫画雑誌のひとつに影響されたことは間違いありません。

牛すじ肉を丁寧に下処理して、アクを取り。
そこから煮込んでダシを取ること2時間。

そのダシへ、ニンジン、たまねぎ、セロリ、ハーブをネットに入れて煮込むこと数時間。

Dscn0663

ネットの野菜をしぼり、漉してフォンの完成です。

使った肉は、スネ肉
Dscn0665

ランプとミスジ
Dscn0664_2
これらを炒め、フォンの中に入れて一晩寝かしました。

ルーは、バターと小麦粉を練ってトマトペーストを入れたもの。

もちろん、市販のものや顆粒コンソメなど使いません。
味付けは塩、胡椒、しょうゆ、味噌。

仕上げにカラメルソースとサワークリームを入れて・・・

Dscn0672

ガルニチュールにニンジン、ブロッコリー、カリフラワー、ベーコンを使用。


自己満足ですが、なかなかのできでした♪



| | コメント (3) | トラックバック (0)

秋のデザートプレート

Dscn0612

秋らしいデザートを一つのプレートに盛り込んでみました。

左上がカボチャのモンブラン
Dscn0610
以前に作ったモンブランと同様の手法。

土台はメープルシロップを使ったスイートポテトです。
カボチャのペーストは、実家の母作のカボチャを丁寧に裏ごしして作った滑らかなペーストです。

右上のプチスイーツは、マロンチョコトリュフ、アーモンドチョコレート、栗きんとん です。

マロンチョコトリュフの作り方をさらっと。

Dscn0604

剥き甘栗を使って時間短縮。
フードプロセッサで砕きます。
そのままだと荒いので、栗みつを加えました。
Dscn0605

竹風堂のお取り寄せしたときに一緒に注文しました。

Dscn0606

鍋でさらに栗みつとラム酒を加えて、練っていきます。
ここにクーベルチョコレートを直接投入し、型に入れて最後にココアパウダーをふれば完成。
Dscn0614

ちなみに、栗きんとんは砕いた甘栗と栗みつに富澤商店の極上白あんを加えて作りました。


右手前は梨のコンポートですね。

チョコレートと煮詰めたメープルシロップ、ダイスアーモンドで飾ってみたんですが、もうちょっとセンスがあるといいなぁ、とつくづく思った次第であります。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

ノンフライのチキンカツ

我が家は、今調理器具の充実強化月間です。

先日、ヌードルメーカーを紹介しましたが、今回はエアフライヤーです。

Dscn0599

フィリップスのノンフライヤーではありません。
類似品です!!

類似品でも、そこそこお値段もするのですが、これはなんと6980円だったんです。
そのお値段に惹かれて購入。
いや、買おうかと思ってはいたんですよ。

更に必需品がこれなんですよね。
Dscn0600

オイルスプレー。

ただの霧吹きではどうもうまくいかないらしいので、オイル専用を手に入れました。
圧力をかけることで、綺麗に散布できるんです。

Dscn0603

で、できあがったのはこんな感じ。

パン粉はパンをフードプロセッサで砕いたので、若干荒いですが・・・。
そこそこ普通の見た目でしょう?

オイルスプレーを使わないと、やっぱり焼き色が悪いと聞いています。

から揚げもやってみました。
Dscn0602

粉っぽさが少し残っていますね・・・。

なぜか翌日食べたら、オリジナルに近くなりました。

鶏肉はカロリー低減のためにササミ使用。
これでフライものも気にせず食べられる!?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

うどん(フィリップス ヌードルメーカー)

Dscn0536

買ったんです。
フィリップスのヌードルメーカー。
餃子の皮も作れるというのにも惹かれて。

結構、粉を余らせる事があるので、ついつい・・・。

で、まずはうどんを作ってみました。

Dscn0541

こねてるところ。

Dscn0542

ニョキニョキと製麺されて出てきます。

Dscn0543


ゆであがりー

うどんて、寝かせる工程が入ると思うんですが、これはなし。

10分ちょっとで麺ができるってのはすごいですよね。
使う材料も少ないし、片付けのパーツが多い以外は特に問題ないのでは?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

万願寺とうがらし

Img_20140727_173938

京野菜の万願寺とうがらし。
こんなに入って1パック398円でした。
激安。

甘味が強くて、とっても美味です。

なので、たっぷり使ってこんな料理を。

Img_20140727_180416

ホイコーロー。
ピーマンの代わりに万願寺です。

Img_20140727_181436

焼き浸し。

ヘタの部分を取り、真ん中に一本切れ目を入れて、ごま油で表面に焼き目をつけて、蒸し焼きにする。
ダシにつけておく。

これだけです。

甘味がしっかりと出ていて、いくらでも食べたくなっちゃいます~

| | コメント (4) | トラックバック (0)

アーモンドケーキ

Img_20140528_223949

アーモンドプードルの賞味期限が迫っていたので、何かつくろうとネットを見ていたら「ボーネントルテ」なるレシピを発見しました。
しかし、ボーネンとは豆のことで、どうやらアーモンドを「豆」とくくるのは気がひけます。

ですので、アーモンドケーキと呼ぶことにしましょう。


実は、小麦粉・バター不使用です。

Img_20140529_054119

断面はこんな感じ。
パウンドケーキのようですね。
これでバター不使用なのです。

カロリーは低めに設定できています。
弾力がありつつしっとりしているケーキになりました。


<材料>
アーモンドプードル・・・300g
砂糖・・・150g
卵・・・5個
コアントロー・・・適量
アマレット・・・適量
アーモンドオイル・・・適量

メープルシロップ・・・30ml
ラム酒・・・30ml
アーモンドオイル・・・適量

<作り方>
①卵白と卵黄を分けて、卵黄と砂糖50gをよく混ぜ合わせます。
②卵白と砂糖100gを数回に分けて混ぜ合わせ、メレンゲを立てていきます。
③しっかりと立てたメレンゲと卵黄を混ぜ合わせます。
④③にアーモンドプードルを入れて、しっかりと混ぜ合わせます。
ここはメレンゲの泡を潰さないようにサックリ ではなく、しっかり混ぜていいです。
⑤160℃のオーブンで40分焼きます。
⑥メープルシロップ、ラム酒、アーモンドオイルを混ぜたものを表面にハケで塗って、余熱がとれたらラップで包んで寝かせます。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧