チーズ

アッシャゴ

20210919_194642

20210919_194818

アッシャゴ 

左  ベッキオ

右  フレスコ


フレスコは、熟成20〜40日  全乳を使用します。

ベッキオは、「Asiago stagionato」の一分類で、熟成3〜120日  脱脂乳を使用。

期間の違いで更に3つに、メッサァーノ、ベッキオ、ストラベッキオに分かれます。


味は、フレスコはミルキーでクセがあまりありません。食感は、モッツァレラに近いです。

ベッキオは、アミノ酸が結晶化してきていますが、そこまで熟成されてはいません。味にクセがないのは一緒。

| | コメント (0)

モンレジ

20210619_183024_20210722080001

モンレジ

スイスの、山のチーズということです。

初めて見たので、とりあえず購入しました。

スイスの山のチーズですが、コンテに近いと説明されましたが、実食したところ、コンテほどナッティではない気がします。爽やかな口あたりで、後味も強くはないです。


参考購入価格 100gあたり1100円

| | コメント (0)

エルキュール

山羊と羊のブレンドのチーズ。

こう聞くとクセがスゴそうなイメージでしたが、食べてみて驚く。

シャリシャリとするアミノ酸の結晶。

そして、それが口のなかでほどけていく時に爆発するコク。

これは間違いなく生涯のベスト5に入るチーズでした。

山羊や羊は好き好んで食べないのですが、これは別物。

参考購入価格  100gあたり1,296円。

20201031_062241

| | コメント (0)

マルジェリア

20200726_071949

20200726_072007

マルジェリア

フランス産チーズです。

「グリュイエールとコンテの中間みたいな感じです。」との説明で、初めて見たので買ってみました。

口当たりはフルーティーで、ナッツ風味と後味の爽やかな酸味があります。

サヴォワ地方のチーズのようで、フランスのグリュイエールと言う人もいるそうですが、グリュイエール サヴォワ がある以上それは正しくないでしょうね。

熱すると、まろやかさが増し、コクが出ます。

そのままでも、熱しても味わいが変わって美味。

参考購入価格

100gあたり1080円




| | コメント (0)

エメンタール サヴォワ

エメンタールと言えば、穴のあいたチーズ。

穴はチーズアイと呼ばれるもので、発酵時のガスの後のようです。

エメンタールは、スイス製が有名ですが、フランスのサヴォワ地方で作られているから「サヴォワ」と名前についています。

チーズフォンデュに使われることも多く、熱した方がコクが出る気がします。

そのまま食べると、あっさりしていて少しナッツのような味わいがあります。

20200711_183404_20200712074901

Sketch1594507834492

参考購入価格

100gあたり725円

| | コメント (0)

ベームスターミディアム

1493848509656.jpg

ベームスターミディアム
私の中でオススメ度がかなり高いベームスター。
ブラスカス、クラシック、春限定など数多し。
その中で見たことがないものを発見。

熟成は若めの印象で、あっさりしています。
ベームスターを並べて食べ比べしたいですね。。。
★ 参考購入価格 100gあたり648円

| | コメント (1) | トラックバック (0)

レンブラント

Img_20170409_074211

レンブラント
1年熟成のゴーダです。
熟成ゴーダだと、同じ黒い皮の「オールドダッチマスター」というものがありますが、これも黒い皮。
違いは揃えて食べ比べないとわからないレベル。
通常のゴーダよりもクセは強く、濃厚です。
★参考購入価格・・・100gあたり600円
最近、ブログを更新する時間がなかなかなく、インスタグラムで忘備録をつけてみようかと思っています。
https://www.instagram.com/nemo_tabe/?hl=ja
よかったらご覧ください。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ボフォール・エテ

Dscn1896
以前にも紹介しているボフォールですが、その中でも特別なボフォールなのです。
一年の半分を雪に閉ざされるサヴォワの山岳地帯で、牛たちは雪どけを迎える6月〜10月、ようやく広々としたアルプスの高原に放牧されます。この夏の季間につくられるものが特別に「エテ」と呼ばれるものです。色鮮やかな高山植物を食んだ牛の夏のミルクは栄養価が高く、味わいも格別。生地の色味も風味もより濃厚な「ボーフォール」が出来上がります。

出典 http://www.fermier.co.jp/index.php


というようなチーズです。
味は格別。
私にとっては最高のチーズです。
★参考購入価格・・・100gあたり 1222円

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ケイジェイラ

ポルトガルを代表するチーズ「ケイジェイラ」の2種を紹介します。

Dscn1850

ケイジェイラ・パプリカ
セミハードタイプで、外皮にパプリカを塗って熟成させたもの。
クセがなく、特徴も薄いチーズですが、別にまずいということではないです。
あっさりしていて、いろいろ使い道はありそう。
★参考購入価格・・・100gあたり 700円
Dscn1851
ケイジェイラ・ナチュラル
こちらは、外皮も食べられるらしいですが、青かびがすごくて食べる気にはなれませんでした。
トロトロのチーズですくって食べる感じです。
そのままチーズフォンデュみたくできそう。
★参考購入価格・・・100gあたり 650円

| | コメント (2) | トラックバック (0)

トム・ド・サヴォワ

Dscn1852

サヴォワ地方のチーズで、トムは「小型の」チーズにつく名称だそうです。

ボフォールと同じ地方で作られています。

セミハードですが、弾力があってやわらかめな食感になっています。
外皮はカビだらけで、臭いはけっこうきついけれど、味わいはクセがなく優しい味わいです。
参考購入価格 100gあたり・・・741円

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧